靴紐は普通、結ぶものです。
この概念を打ち破ったのが結ばない靴紐。

その中で、強度も高く信頼性の高いのが「CoolKnot」ということで、
筆者が普段履きのスニーカーに使用してみました。

サッカーやランニング・登山などスポーツをする人のメリットは高そうだが、
普段履きでどんなメリットがあるのだろうか?

1. お気に入りのスニーカーの表情を変えられる

筆者はそんなにオシャレを意識するタイプではないですが・・・
一応、その日の服装に合わせた靴は選びます。

しかし、靴もそんなにたくさん持っているわけではなく、
靴そのもののバリエーションなんてせいぜい3種類くらいです。

そんなときに、同じ靴ですが靴紐を変えるだけでかなり足元の印象が変わります。

このCoolKnotは色数が豊富で、
1つ1,000円弱の値段で販売されてます。

 

それだったらいくつか持っていて、その日の状況に合わせて靴紐を変えるってことをしてもいいです。

靴紐を変えるのはちょっと面倒ですが・・・
費用対効果を考えたら十分でしょう。

2. ほどけない安心感がある

靴紐を結ばないということは、ほどけないということです。

ほどけないことは日常生活でもかなりメリットは多いです。

例えば筆者は小さな子供がいるのですが、
子供を抱っこしていると足元が見えません。

ほどけた靴紐に気がつかず、そのまま転倒なんてことはしたくないです。

そんなときにこのCoolKnotの安心感はあります。

あとは、靴を履くのが楽です。

普通の靴紐は、ほどいてから靴を履いて結び直すということをします。

しかし、CoolKnotは伸縮するので、
革靴を履くように靴ベラなどを使ってそのまま履けます。

履いて脱いでという動作が楽なので、
玄関先で時間を食うことがなくなりますね。

3. 意外とナチュラルに溶け込む

メリットなのか微妙ですが、CoolKnotってツブツブがあるので、
特徴的な見た目をしています。

しかし、靴にセットして歩いていても、
ここ数か月間誰にも何かを言われたことはありません。

CoolKnotを付けていることに気が付かれないのです。

靴と靴紐が自然に溶け込んでいるということでしょう。

さりげないオシャレをしているようで気分がいいものです。

このように日常の普段使いでもいろいろ楽しみがありますので、
ぜひお試しください。