子供の靴選びって、どんなことをポイントに選んでいますか?
歩きやすいこと、自分で脱ぎはきがしやすいことのほかにも、足にフィットすることが大切ですね。

紐靴は足へのフィット感が得られ、調節がきき、歩きやすく走りやすくおすすめです。ですが、自分で紐を結ぶのはなかなか難しく、ほどけると紐を踏んで危険なことも…そこで今回は足にフィットしてほどけない、結ばない靴ひものメリットをご紹介します。

子どもの靴にどんなタイプを選んでいますか?

子供用の紐靴のイメージ

子どもの靴と言えば、マジックテープのスニーカーを選ぶことが多いのではないでしょうか。
自分で脱いだり履いたりするのが簡単で、子どもが惹かれるデザインが多く、CMでもたくさん見かけますね。お子さんも憧れたり、欲しがったりするため、保護者の方も選ぶことが多くなることでしょう。

マジックテープ素材は、脱ぎ履きがしやすいのですが、何度もはがしたりつけたりするうちに少しずつ劣化し、しっかりと留めることができなくなるという難点があります。留める力が弱まると、足の甲と足首のホールドが甘くなるため、靴が脱げやすくなったり、足首がぐらついたりする原因となります。ケガにつながることも少なくないでしょう。

また、成長期の子どもは足のサイズがすぐに変化していくので、保護者はつい少し大きめのサイズを購入することも多いのではないでしょうか。靴のサイズに足がフィットする頃にはマジックテープの力が弱まり、結局は新しいものへ買い替えることも少なくありません。

子どもは足にフィットしない靴をはくことで、足には常にストレスがかかり、足裏や足指が浮いてしまう「浮き指」の状態の子どもが近年増えていると言われています。浮き指は猫背や姿勢の悪さを引き起こし、肩こりや頭痛にもつながります。
子どもの足に靴が合っていない、フィットしていないとこのような心配もあるのです。

紐靴にするメリットはこんなにも!

結ばない靴ひもを使用する子供のイメージ

では、紐で結ぶタイプのスニーカーはどうでしょうか。

子どもの足の甲の高さや、足の幅に合わせて調節ができる紐靴は、ある程度靴のサイズが大きくても足にフィットさせやすく、そのため歩いたり走ったりがしやすいものです。

サイズ感や履き心地を足に合わせて微調整できるのが一番のメリットですね!

走るとき、歩くとき、少し足のサイズが大きくなった時など、その時に応じたフィット感に応じて調節ができることは、子どもの足や運動において大変大切なことです。また、先にもお知らせした「浮き指」の予防にもなります。子どもの足に靴がフィットするということは健康や成長にもつながっていくのです。

ですが、しっかりとフィットさせているときは、紐をほどいて脱いだりはいたりしなければならなく、小さな子どもにはとても難しくなってしまいます。また、大人がその都度結んであげても、途中でほどけたり、ほどけた紐を踏んでしまったり、時にはほどけた紐が遊具などの間に挟まってしまうこともあり、危険もいっぱいです。

そんな理由から、紐靴のスニーカーの利点を理解しながらも、脱ぎはきの手軽なマジックテープタイプのスニーカーを選ぶ保護者の方が多いのではないでしょうか。

「COOLKNOT(クールノット)」なら結ばない・ほどけない!

結ばない靴ひもを着用する子供のイメージ

マジックテープの手軽さと子どもの操作性の簡単さ、紐の調整力の高さとフィット感の柔軟さの両方をかなえられるのが、結ばない靴ひも「COOLKNOT(クールノット)」です。

「COOLKNOT(クールノット)」は、締め具合ををコブで微調整できるゴムが入っていてしっかり伸びて、しっかり戻るため、装着後のフィット感が良い靴ひもです。たくさんの方からご好評いただき、2012年に特許を取得しました。

結ばない靴ひも「COOLKNOT(クールノット)」

クールノットには、

「コブ」が靴穴(ハトメ)でしっかりと止まってロックするので靴ひもを結ばなくてもよい
・ほどけた靴ひもをうっかり踏んで転倒してしまうリスクが減少
・紐の内部にスパンデックスゴムがはいっておりコブに伸縮性がある
・伸び縮みするので靴が足にピッタリとフィットするような感覚が得られ、靴の脱ぎ履きも楽!
・これまでの靴ひもでは難しかった「部分締め」が可能になり、きつく縛りたい箇所と緩めておきたい箇所との細かな調節が可能
足の特徴に沿って靴の履き心地をジャストフィットさせられる

このような特徴があります。

どんな風に使うの?子どもでも大丈夫?

結ばない靴ひもの着用例と説明書

クールノットの取付けはとても簡単です。

通常の靴ひもを付けるときと同じように穴にクールノットを通していきます。途中についているコブ本体も伸縮性のある素材だから穴も通しやすくてとってもラク。コブを戻したり通したりして、ひもの締め具合も簡単に調節ができます。
取り付け方の詳しい説明書も添付されているから安心です。

クールノットの長さは、靴のサイズに合わせてMサイズLサイズから選べます。

・Mサイズ:子供向け・女性向けサイズで靴の穴が片側に5個(合計10個)以下の靴におすすめ
・Lサイズ:一般向けサイズで、靴の穴が片側に8個(合計16個)以上の靴におすすめ
サイズの詳細を確認する ≫

長さが足りなかった場合は靴穴を一つ飛ばして装着するということも可能です。逆に長すぎた場合は、切らずに前方に絡め通すのが最適です。

結ばない靴ひもでスムーズに紐靴を履く子供

クールノットは様々な靴の色やデザインに合わせられるよう、種類もカラーも豊富に取り揃えられています。カラーは30種類以上、また、コラボ商品のラインナップも並びます。

様々な色やラインナップがあるので、靴のカラーはもちろんその日の気分に合わせて楽しめます。いつもの靴がとてもおしゃれになって、見た目もぽこぽこしていてかわいらしいので、子どもも惹かれることでしょう。

クールノットは、紐の内部に医療用素材のスパンデックスゴムを使用しています。そのため耐久性に非常に優れています。また、伸縮性が大変よく、足にフィットする気持ちよさを体感できるはずです。子どもはもちろん、シニア世代の方や妊婦の方、スポーツに、靴の脱ぎ履きが多いお仕事に、そしてもちろん日常にもしっかり足元をサポートしてくれる心強い味方になることでしょう。

お子さんだけではなく、ぜひ保護者の方も一緒に使い心地を体感してみてください。

おわりに

子供にもおすすめの結ばない靴ひも

靴屋さんで目につきやすく、種類も豊富なマジックテープの靴は、つい手に取ってしまいますが、17センチくらいから各メーカーでも紐靴のスニーカーが発売されています。
もしも少し先を見越したサイズの靴を買うのなら尚のこと、紐靴をお勧めします。その紐を外し、ぜひクールノットを通してみてください。そのフィット感と動きやすさ、走りやすさ、脱ぎはきのしやすさを体感すると、マジックテープでさえ面倒に思えるほど、ラクで快適な動きができます。

足にフィットしない靴は、足の裏に緊張がはしり、脱げないように指が浮くため、歩くことや走ることへの成長の妨げになることもあるのです。

小さな子どもだからこそ、足と一体感を感じられる快適な靴を履いて過ごさせてあげましょう。
ストレスなく快適な靴で、楽しい毎日と成長を感じられるはずです。

ぜひクールノットを使ってみましょう!